トップページ > 入学案内 > 入試案内
 

 2018年(平成30年)度入学者選抜について

 ※2017/10/20更新

文化・スポーツ等特別推薦について昨年に引き続き
「英語」「ビジネス」「バレーボール(女子)」で実施します

1.本校の期待する生徒の姿

 本校は、RESPECTの精神のもと、英語とビジネスに重点を置き、文系大学等への進学を目指す 専門学科高校です。英語を中心に国語、社会等の普通科目とビジネスの専門科目を学習します。
 本校では、次のような生徒の入学を期待します。

  1. ビジネスコミュニケーション科の特色を十分に理解し、本校を第一志望とする生徒
  2. お互いを認め合い、理解し合い、相手の立場でコミュニケーションを図ることができる生徒
  3. 英語とビジネスに強い興味・関心をもち、広い視野をもって主体的な学習を継続する生徒
  4. 将来の進路について真剣に考え、その実現に向けて意欲的に挑戦し、大学進学を目指す生徒
  5. 学校行事、生徒会活動、部活動、社会貢献活動等に積極的に参加する生徒
  6. 友人や教職員と共に、学校の良き校風を継承し、新たな歴史をつくり上げようとする生徒

 ※特に推薦選抜においては、面接において英語・ビジネス・大学進学への関心を示すことが望ましい。
 ※「文化・スポーツ等特別推薦」を、英語、ビジネス、バレーボールについて実施する。



2.募集定員・日程

■募集定員

推薦選抜 学力検査選抜
一般推薦 文化スポーツ等特別推薦 147
英語 ビジネス バレーボール
50 (女子)3 
  63
(全体の30%)
147
(全体の70%)
合計 210 (35人×6クラス)
単位:人  
※文化・スポーツ等特別推薦は、バレーボール以外の人数は男女不問です。 


■日程

※日付はすべて2018年(平成30年) 
推薦選抜  学力検査選抜
願書受付  1/23 2/6・2/7
願書取り下げ 2/14
願書再提出 2/15
推薦選抜(1日目)
特別推薦:個人面接・実技検査
一般推薦:小論文
 1/26
推薦選抜(2日目)
一般推薦:集団討論・個人面接
 1/27
 学力検査 2/23
 合格発表 2/1  3/1
 入学手続き 2/1・2/2 3/1・3/2


3.推薦選抜

特別推薦と一般推薦は併願できます。(併願の場合、入学考査料は 2,200円 × 2 = 4,400円 となります。)

(1)文化・スポーツ等特別推薦

中学校の校長先生の推薦書が必要です。用紙は千早高校で作成・配布します。
出願時に、自己PRカードも提出します。


ア.配点

調査書・・・・200点(評定の合計×200÷45.小数点以下切捨て)
個人面接・・・100点
実技検査・・・100点



イ.英語

【基準】
以下のいずれかの級、スコアを持っている者

○実用英語技能検定準2級以上、
○TOEIC®L&R(旧TOEIC®) 400以上、
○TOEIC Bridge® 135以上、
○TOEFL® PBT 435以上、
○TOEFL iBT® 40以上



【実技検査】
英語による問答を行います。


【時間】
個人面接と実技検査を続けて行います。 両方合わせて30分の予定です。



ウ.ビジネス

【基準】
以下の全てに当てはまる者

○中学時代、社会貢献活動に取り組む団体※ に所属し、継続的に社会貢献活動を行い、書面にてそれを証明することができる者。
○本校に入学後、「CSL」「コミュニティデザイン」、「コミュニティデザイン演習」「課題研究ソーシャルビジネス」等の授業を履修し、積極的に活躍するとともに、社会貢献活動に参加できる者。

※社会貢献活動に取り組む団体は、NPOの他、ボーイスカウト、ジュニアリーダー等の中学校外の団体である。


【必要書類】
社会貢献活動に取り組む団体が発行する活動実績を証明する書面

○本校指定の用紙で作成してもらいます。
○用紙は本校窓口でお配りしています。
○出願の際、中学校に、推薦書と一緒に同封してもらってください。


【実技検査】
社会貢献活動に取り組む団体に所属し、継続的に活動した中学時代の社会貢献活動の実績についてのプレゼンテーションを行います。

○プレゼンテーションで必要な資料持込可(ただし、手書きの資料のみとする。)
○市販の模造紙(788mm× 1091mm 以内)を、そのままの大きさか、半分か四半分に折って(切って)、手書きで資料を作成し、試験当日に持参してください。
○資料の枚数および縦・横の向きについては問いません。
○写真やイラストを入れることは構いませんが、全てをパソコンで作成することはできません。
○裏面に、発表当日に話す内容やメモを記入しても構いません。必ず裏面に受検番号を記入してください。
○ホワイトボードに掲示するためのマグネットは千早高校で準備します。


【時間】
実技検査を行ってから、続けて個人面接をいます。両方合わせて30分の予定です。


エ.バレーボール

【基準】
以下の全てに当てはまる女子

○運動能力に優れ、中学校でバレーボール部に所属して活躍した者
○入学後も本校のバレーボール部に所属し、3年間継続して取り組む意志のある者
○学校生活のルールを守り、学業や学校行事においても積極的に取り組むことができる者


【証明書類】
なし


【実技検査】
1.オーバーハンドパス・アンダーハンドパス
2.スパイクレシーブ・サーブレシーブ
3.スパイク
4.サーブ
5.トス(2段トスも含む。)


【持参するもの】
○運動着
○バレーボールシューズ(体育館シューズでも可)
○サポータ-(必要に応じて)
○防寒着(必要に応じて)


(2)一般推薦

中学校の校長先生の推薦書が必要です。用紙は中学校にあります。
出願時に、自己PRカードも提出します。
(特別推薦を併願する場合は1通だけの提出でOKです。)


ア.配 点

調査書・・・・・・・・・400点(評定の合計×400÷45.小数点以下切捨て)
集団討論・個人面接・・・300点
小論文・・・・・・・・・100点


イ.集団討論・個人面接

a.集団討論は5~7人ずつのグループで、与えられたテーマについて30分程度討論します。
b.集団討論の後、1人ずつ個人面接を10分程度行います。
○特別推薦の個人面接とは内容が異なります。
○社会事象に関する質問をして、社会への興味・関心を確かめます。
c.集団討論と個人面接の両方を総合した評価を点数化します。


ウ.小論文

当日配られる資料を踏まえて、与えられたテーマについて小論文を書きます。
50分、400~600字程度を予定しています。

■一般推薦の評価の観点

集団討論の評価の観点  ■コミュニケーション能力
 ■思考力・判断力・表現力
個人面接の評価の観点  ■コミュニケーション能力
 ■思考力・判断力・表現力
 ■適性(社会への関心を含む)
 ■意欲・将来性(千早の特徴に対する理解を含む)
小論文の評価の観点  ■読解力
 ■思考力
 ■表現力


4.学力検査選抜

出願時には、自己PRカードの提出は必要ありません。
(入学関係書類提出日に提出します。推薦選抜で提出した人も、改めて提出します。)


ア.配 点

学力検査・・・・・・・700点
調査書・・・・・・・・300点



イ.学力検査

1.国語・社会・数学・理科・英語の5教科で、それぞれ100点満点で実施します。
○各教科50分です。(例年、午前8時30分集合、午後3時10分終了です。)
○英語では50分のうちの10分間で、リスニングテストを行います。

2.千早高校では、次のように傾斜配点をかけます。

国語・英語素点×1.5
(2教科で300点満点)
合計600点満点
(小数点以下切捨て)
社会・数学・理科素点×1.0
(3教科で300点満点)

3.次のようにして700点満点にします。

傾斜配点後の得点 × 700÷600 = 学力検査得点(小数点以下切捨て)


ウ.調査書

1.各教科の5段階評定を、以下のように換算します。

国・数・社・理・英評定 × 1.0
(5教科で25点満点)
合計65点満点
(小数点以下切捨て)
音・美・体・家評定 × 2.0
(4教科で40点満点)


2.次のようにして300点満点にします。

上の換算点合計 × 300 ÷ 65 = 調査書点(小数点以下切捨て)

  ページの先頭へ